歴史について

青い郵便受け

イベントの告示やキャンペーンの紹介を行うために、各家庭に配布するのがポスティングチラシです。
これは様々な効果が期待できます。
まずチラシに会社名を記入する事で、知名度をアップさせることができます。
知らなかった人には知らせるのに有効です。
またキャンペーンやイベントを伝える事で、お得な情報を知らせる事ができます。
ポスティングは会社にとっても各家庭にとっても、損なく活用できるのが魅力です。
ポスティングの歴史は最近始まったばかりなので浅いですが、日本には昔から商品や会社名を伝えるために、路地に看板を設置したり、街中を大音量のスピーカーで走り回る等の広告が用いられています。
これを見たり聞いたりし興味を持った人が集まるため、それなりに集客はありましたが、もっと確実に集客数を伸ばすために利用されたのがチラシです。
そしてそれが進化したのがポスティングです。
ポスティングは地域や人を限定した配布ができるため、ターゲットに絞り配布できます。

その後を考える

民家のポストに入るチラシ。
これは誰かが必ず入れてることになります。
それを請け負う企業が存在して、委託されることによって出来ていると考えることができます。
普段の流れを一生懸命に考えることによって、そうした展開を阻止することができるのですが、歩スティングという技術はそれだけではなく、会社の案内を多くの人に届けるという使命感を持っていると考えることができます。
それによって、世の中の流れをどこまで変化させることができるのかは、わかっていない部分も多いのですが、そうしたことをすることによって、ポスティングの意味も変わります。
普段の流れでチラシを配ることは、会社としては知名度を上げるのにかなり役立つ行為です。
しかし注意しなければならないことは、そのチラシを意味のない情報、自分にとっては利益にならない情報だと受け取られると、すぐに捨てられてしまいます。
ポスティングをしても、その効果を実感できるかどうかは分からないということですから、普段の流れの中で特に気をつけておかなければならない要素であることは間違いありません。
ポスティングをすることによって、会社がどんな流れを手に入れることができているのかは想像以上に大変なことです。
そして捨てられるということを考えると、お金の無駄になるのではないかという見方もできるので、すべてにおいてメリットがある訳ではないというのが、ポスティング作業の難しい課題なのです。

オススメリンク

広告

チラシの対象

実にここまでネットというものが普及しても、それとは一切関わっていないという人も、意外に多いのです。
それは特に高年齢層の人に多い現象です。
つまり今のネット事情についていっていない人を対称にした宣伝において、このポステRead more

関連リンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031